毛穴開き対策の化粧水は市販で買える?

年齢を重ねると肌全体のたるみが目立ちやすくなるのと同時に、

毛穴の開きやたるみが若い頃に比べて目立つようになってくるため

毛穴開きを綺麗にカバーしようとすると厚塗りメイクになってしまうなどの

肌トラブルに悩んでいる方は少なくありません。


毛穴の開きを改善するためには普段のスキンケアを見直して

肌のコンディションを整えることが重要になってきますので、

すっぴん肌でもキメの細かな肌質を手に入れる方法として

注目されているスキンケア化粧品が、

肌を引き締める効果の高い化粧水を利用する方法です。


毛穴の開きを改善するためには、エステサロンなどの美容施設で

フェイシャルケアを受けなくてはいけないとイメージしている女性は

少なくありませんが、実際は市販されているスキンケア化粧品でも

十分に対策を行うことは可能です。



ソワン

化粧水選びをする際にチェックするポイント

そこで化粧水選びをする際にチェックするポイントは

土台ケア成分配合や水溶性の保湿成分配合が含まれているのか、

ナノレベルの浸透力があるのかの3つです。


土台ケア成分とは

まず土台ケア成分とは皮膚の土台とも言えるコラーゲンが

生成されやすい状態に整えてくれる成分の事で、

30代以降になると肌内部のコラーゲン量はどんどん減少して

弾力や潤いの少ない肌質になってしまうため、


レチノールやビタミンC誘導体などの美容成分が配合されている

スキンケア化粧品を上手く利用することによって、

肌内部の線維芽細胞の働きをサポートして

コラーゲン生成を助けてくれるので、スキンケアに取り入れることで

ふっくらとした肌質を取り戻すことが出来ます。


水溶性保湿成分とは

次の水溶性保湿成分ですが、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、グリセリンなどは

様々なスキンケア化粧品でも配合されている保湿成分で、

どれも水溶性という特徴があり肌のダメージの原因となる肌内部の乾燥を防いで、


潤いを補給して肌のコンディションを整える役割も果たしてくれるので、

潤いを与える事により肌本来の健康な状態に仕上げることが

スキンケアの基本として欠かせなくなってきます。


ナノレベルの浸透率とは

最後のナノレベルの浸透率ですが、化粧水の大半は水分のため肌に乗せることで

肌内部までしっかり浸透してくれるように思いますが、

化粧水に含まれている美容成分が大きすぎると肌の角質層まで入っていかずに


肌の表面でとどまり、時間と共に蒸発してしまうので、

せっかく潤いを肌に与えても大半は吸収されない状態になってしまいます。


そこで保湿成分や美容成分をナノレベルに小さくして

化粧水に取り入れているスキンケア化粧品を上手く活用することで、

肌になじませた後に角質層までしっかり美容成分が浸透するので


乾燥気味の肌で悩んでいる悩んでいる方は

特にナノレベルの浸透率があるタイプを取り入れるようにすると、

肌の乾燥を改善させることが可能です。


また乾燥によって毛穴の開きが起こりやすい方の特徴として、

肌に透明感がなくくすみがちという方は少なくありません。


これは洗顔だけでは落としきれていない肌の古い角質や皮脂汚れが肌の表面や

毛穴の中に詰まってしまっている状態のため、角質を溶かして除去することが

出来る酵素成分が含まれている洗顔料や、ピーリングジェルを利用することによって、

ゴシゴシ摩擦を与えることなく肌の汚れを落とすことが出来ます。


ただ角質除去を行うと、毛穴の汚れが落ちて穴が空いた状態になってしまい

そのままでは再度汚れが詰まる悪循環を起こしてしまうので、

アフターケアとして化粧水を利用して

しっかり肌の引き締めを行うことが重要になります。


収斂ローションなども販売されていますが、

メントールなどが配合されている製品も多いため

敏感肌の方が利用すると肌の刺激につながってしまう恐れがありますので、

使用する場合にはパッチテストを行うことをおすすめします。