毛穴開きに化粧水を勧める3つの理由

黒く目立つ毛穴の開きを、気にしている人も多いのではないでしょうか?

年齢によるたるみで毛穴が開いたり、皮脂や汚れなどで開いたり、

原因は様々です。毛穴の開きはファンデーションをつけても意外と目立ちます。


肌のきめ細かさがなくなるし、全体的に荒れた印象が強くなってしまいます。

なんとか赤ちゃんのような綺麗な肌に近づけたいものです。

そのためにお勧めしたいのが「化粧水」です。


基礎化粧品の定番で、毎日当たり前のようにつけている人がほとんどでしょう。

でもこの化粧水に毛穴開きを改善する大切な3つのヒントがあります。

どんな効果があるのかきちんと理解してみましょう。


水分補給


ソワン

まず1つ目は水分補給です。どんな肌質でも水分は重要になってきます。

美肌の要になるのが水分量です。水分をしっかり与えることで、

毛穴もふっくらして目立ちにくくなるのです。

洗顔後にケチらずたっぷり使うのがポイントです。


チープなものでも良いので、多めの量をつけるようにしてください。

脂性肌の人もしっかりつけるように、べたつきが気になり、

たっぷりつけると余計にべたつきそうなイメージの人もいるかもしれません。


ベタつく人は、なるべく肌をさっぱりさせたい傾向があります。

しかし水分が不足していると、肌は肌を守ろうとして、

さらに皮脂を出してしまうのです。これが毛穴開きを悪化させてしまいます。

どんな人でもしっかりつける事をお勧めします。


引き締め効果

二つ目の理由は引き締め効果です。

開いてしまった毛穴は引き締めなくてはいけません。

引き締めるためには、やはり冷やす事が効果的です。


肌をクールダウンさせ、引き締めるにも化粧水が役立つのです。

夏など暑さで毛穴が目立ちやすい季節は、冷蔵庫に入れておくのも良いでしょう。

お風呂で温めしっかりと汚れを落とした後、引き締めるには持って来いです。


毛穴が引き締まると化粧のノリも違ってきます。

肌がキュッとするのが手触りでわかるでしょう。


肌質に合わせたケアができる事

そして3つ目は肌質に合わせたケアができる事です。

洗顔後につける事は当たり前ですが、それぞれの肌質に合わせたものを使うと、

より毛穴に効果があるのです。


自分の毛穴のタイプを知ることも大切

まず自分の毛穴のタイプを知ることも大切です。

年齢によるたるみで開く毛穴には潤い成分の多いものを使いましょう。

コラーゲン・ヒアルロン酸入りなどが肌や毛穴をふっくらさせてくれ、

ハリのある肌に近づけてくれます。


皮脂などでの詰まりや開きが気になる人は、収れんタイプがお勧めです。

収れん化粧水とは、肌に潤いを与えながら毛穴を引き締めてくれます。

一時的な皮脂の分泌を抑えたり、化粧崩れも防いでくれます。


潤いタイプに比べると、刺激が強いこともあるので、

乾燥肌や敏感肌の人は控えた方が良いでしょう。

夏の暑い日など、ピンポイントで使うのにも向いています。


毛穴のくぼみや炎症などが原因で色素沈着し、開いたように見える人もいます。

そんな人には美白効果が高いものを選びましょう。

美白にはビタミンC誘導体配合などが有名です。

毛穴ケアと言ってもタイプによって、合うものも違ってきます。


肌に合わせて選ぶことが大事なのです。

剥がすタイプの毛穴パックなどもありますが、

やりすぎると刺激が強すぎて、

さらに赤みや黒ずみを目立てせてしまう事もあります。


そんな時は冷水や氷などで冷やす事です。

その後にしっかり化粧水をつけて水分を与えてください。

化粧水の後は必ず乳液をつけましょう。乳液の役割も重要で、

与えた水分を肌に閉じ込めてくれるのです。


いわゆる蓋の代わりをしてくれるのです。せっかく与えた水分が飛んでしまっては、

意味がありませんから。正しいスキンケアを毎日行うことで、

毛穴を目立たない肌へ導いてあげましょう。