毛穴の黒ずみ対策クレンジングオイルの選び方

毎日丁寧に洗顔をしていても、

鼻などの毛穴の黒ずみに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

顔の毛穴には皮脂などの汚れが溜まりやすく、

それらの蓄積した油分を多く含む汚れが酸化して黒く変色してしまい、

丁寧にケアしていてもすぐに黒い点々となって現れてしまうのです。


そんな毛穴の黒ずみ対策として、クレンジングオイルを使用した

スキンケアが注目されています。クレンジングオイルでお肌を

丁寧にマッサージすることで「黒ずみが一瞬にして消えた」という

口コミから火がつき、男女問わず注目を集めているのです。


一方で、クレンジングオイルをおすすめしないという意見も聞かれます。

どのような点に注意して、スキンケア方法を選べばよいのでしょうか。


クレンジングオイルで毛穴をグリグリとマッサージすると、

軽度の汚れであれば確かに簡単に落とすことができます。

しかしながら、一瞬にして全ての汚れが落ちるわけではなく、

一時的に目立たなくなるだけで根本的に治るわけではありません。



ソワン

マッサージをしても、時間が経てばまた元通りになってしまうのです。

クレンジングオイルは台所用洗剤に匹敵する強力な洗剤としての一面もあり、

ゴシゴシと洗えばべっとりとこべりついた皮脂などの

油分を剥がすのに効果的であることは確かです。


しかし一方で、強力な洗剤であるが故にお肌そのものも傷つけてしまうのです。

マッサージをしすぎると、逆に毛穴を広げてしまい、

さらに黒ずみができやすくなってしまったり

炎症を起こしやすくなったりしてしまうのです。


「角栓がポロポロ落ちる」「毛穴の汚れがスッキリ」といった謳い文句で

売っている製品は、一見すぐに効果が出たように見えるものの、

根本的な対策とはなっていないと覚えておきましょう。


根本的に黒ずみを解消するにはどうすればよい?

それでは根本的に黒ずみを解消するにはどうすればよいのでしょうか。

まず、こべりついた汚れを落とすことを考えるのではなく、

汚れがたまる原因を解消することから考えましょう。

そもそも、汚れが溜まってしまう大元の原因はお肌の「乾燥」にあるのです。


常に外界に晒されている顔の皮膚は乾燥しやすく、

肌が乾燥すると防衛本能として皮脂が盛んに分泌されます。

乾燥によって肌の表面に多くの角質が現れ、

これらの角質と皮脂が汚れとなって蓄積してしまうのです。


さらに、強力な洗剤のような脱脂力のあるクレンジング剤を大量に使用してしまえば、

より一層乾燥と角質化を引き起こしてしまうことになります。

そこで、クリームタイプでしっかり肌を保湿してくれるタイプの

クレンジングをおすすめする声も多くあります。


クリームタイプのクレンジング

クリームタイプのものは肌の潤いを奪ってしまう界面活性剤(洗剤)の含有量が少なく、

肌へのダメージを軽減しながら汚れのケアを行うことができます。

一方で、一瞬にして汚れを取り除くような効果は見られないため、

長期的にじっくり使用して肌の乾燥対策を行うことによって

根本的に黒ずみ対策をしたい人向けと言えるでしょう。


以上を踏まえても、やはりがっつりと汚れを落としてくれる

クレンジングオイルは魅力的であるため、

その負の面をしっかりと理解した上で良い製品を選びたいものです。


そこでおすすめなのが、

やはり肌の負担を最低限に抑える効果の付与されている製品です。

最近ではオリーブオイルやホホバオイルなど、肌なじみがよく保湿を同時にしてくれる

天然由来のオイルを用いた製品が人気を集めています。


また、香料や着色料、アルコール不使用という製品も出てきており、

これもお肌へのダメージを考えると魅力的です。クレンジング製品を選ぶ際は、

その作用機序とメリット・デメリットをしっかり理解した上で、

自分にピッタリなものを慎重に選びたいですね。